新着情報

 研究部では、診療報酬改定が行われるごとに、保団連発行のテキストを用いた医療事務研修会を開催していますが、今年9月の「保険診療の手引」説明会に続いて、「在宅医療点数の手引」を活用した説明会を行いました...
 山口支部では、11月14日、山口市議会議員との医療問題懇談会を開催しました。当日は、市議会から、泉教育民生委員長、中野・山見各教育民生委員、植野・湊各議員の5名が、当会からは、原田代表、内海・金谷・...
 平成に入ってから医療費の高騰を抑えるために、国は2つの愚策を打ち出しました。医師数削減と、病床数の削減です。  1つ目の愚策の医師数削減は、医師数が増えれば、受診機会が増え、医療費が増大するという安...
 保団連中国ブロック協議会では、11月3日第2回中国ブロック会議において、今年度の診療報酬改定共同アンケート結果を踏まえての「歯科診療報酬の改善を求める要請書」(下記)の内容を確認し、厚生労働大臣に提...
 保団連中国ブロック協議会では、11月3日第2回中国ブロック会議において、今年度の診療報酬改定共同アンケート結果を踏まえての「医科診療報酬の改善を求める要請書」(下記)の内容を確認し、厚生労働大臣に提...
 中国ブロック5県共同で、役員4名と事務局6名の計10名が、10月18日に上京し、医療機関の「損税」解消対策の1つである「非課税実額還付制度」の実現を目指し、自民党税制調査会で、中国ブロック選出の議員...
 柳井・熊毛・大島支部では、9月30日、アクティブやないにて第9回目となるふれあい健康フォーラムを開催しました。  このイベントは、柳井市などの自治体、医師会・歯科医師会、マスコミ等の後援・協力を得て...
 少子高齢化が進む中、2025年問題等が話題にされて久しい。政府も人口増加に向けて何とか対策を立てようと必死のようだが、何か別の方向を向いているようにしか思えない。  著しい人口増加を起こした第1次ベ...
 歯科部会では、9月8日、指導対策研修会を山口県保険医会館で開催、24名が参加しました。今回の研修会では、尾中・外尾各副部会長が講師を担当し、保団連作成のテキスト「カルテ記載を中心とした指導対策テキス...
 診療報酬改定年にあたって、保団連発行の書籍が刷新されることから、研究部では、この時期に医療事務研修会を開催しています。今回は、9月11日(山口)、12日(下関)、19日(周南)、27日(萩)、29日...