新着情報

 12月7日、「保険で良い歯科医療を全国連絡会」主催による歯科技工料問題に関する厚労省要請が、衆議院第2議員会館で開催されました。歯科技工料問題の改善を歯科診療報酬の総枠拡大の突破口として位置付けてい...
 柳井・熊毛・大島支部では、11月12日、アクティブやないにて、第8回ふれあい健康フォーラムを開催しました。医療にまつわる身近な疑問に地域の医師・歯科医師がお答えするこの企画は、柳井市、周防大島・上関...
 1981年臨調行革路線、1983年医療費亡国論から、医療費抑制政策が始まった。この医療費抑制政策による犠牲は、保険医のみならず患者、国民に及ぶため、政府に対する共通の利害関係は双方に生まれることにな...
 2018年度診療報酬改定率が、財務大臣と厚生労働大臣による大臣折衝で合意されたことを受け、当会では、12月19日に下記の抗議声明を発表しました。 2018年度診療報酬の実質マイナス改定合意に抗議する...
 現在、来年度の診療報酬改定について様々な議論が行われていますが、12月11日、当会理事会では、下記の「声明」を発表し、内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣、地元国会議員に送付しました。 【声明】 社...
 2018年4月の診療報酬・介護報酬同時改定に向けて、議論が進められる中、当会では、11月29日、内閣総理大臣及び厚生労働大臣に対し、下記の要請書を提出しました。 2017年11月29日 内閣総理大臣...
 2018年の診療報酬改定をめぐってマイナス改定の動きが強まる中、保団連では11月16日に国会要請行動を行いました。当会から会員の皆さんに協力頂いた「診療報酬の引上げと患者窓口負担軽減を求める要請署名...
 研究部では、10月25日、「公費負担医療等の手引」を活用した医療事務研修会を山口グランドホテルにて開催、33医療機関79名が参加しました。  協会・保団連で取り組んでいる「ストップ! 患者負担増」に...
 昨年7月、山口県地域医療構想(以下、地域医療構想)が公示され、現在、二次医療圏ごとに設置された地域医療構想調整会議(以下、調整会議)で議論が進められています。当会では、地域医療構想の実現によって危惧...
 治療は、医師・歯科医師の資格なしに行うと、患者さんへの障害行為である。したがって、無資格診療、故意による障害致死は論外だが、すべての診療行為は、結果が悪いと刑法、民法で提訴される可能性がある。医療訴...