活動報告

12・16国会要請行動

 来年の診療報酬改定率をめぐる議論が佳境を迎えた12月16日、当会では、国会要請行動を実施しました。この間集約した「疲弊した医療提供体制を立て直す診療報酬改定を求める」医師・歯科医師署名168筆を携え、緒方副会長、深井理事が上京、当県選出の国会議員を訪問し、その内、高村正大衆議院議員、北村経夫、江島潔両参議院議員(いずれも自民、並びは面談順)とは本人との面談が実現しました。

(詳しくは、会報1月号参照)