私たちからの訴え

「保険証廃止」方針の表明に抗議する理事会声明

 当会では、10月13日に河野デジタル大臣が表明した「保険証廃止」方針について、理事会声明を発表しました(10月18日)。


【声明】

「保険証廃止」方針の表明に抗議する

 10月13日、河野デジタル大臣は「現行保険証を2024年秋に廃止する」とし、マイナンバーカード(マイナカード)を保険証として使用する「マイナ保険証」に一本化する方針を唐突に表明した。「骨太方針2022」決定を根拠としているが、そこに示された「原則廃止」からさらに進めて、国民皆保険制度のもとで必要不可欠な保険証を「マイナ保険証」とすることで、国民にマイナカードの取得を義務付けるものであり、断固抗議する。
 国民のマイナカード取得率は、9月末時点で5割に達しておらず、「マイナ保険証」に至ってはほとんど利用されていないのが現状である。政府はデジタル化の基盤としてマイナカードの普及を急いでいるが、マイナポイントの付与など施策によっても普及が進まないのは、マイナカードの必要性はもとより、個人情報保護や情報漏洩等のセキュリティ問題など、多くの国民がもつ不安や不満が残されたままの推進策であるからで、そのことは政府への信頼が得られていない裏返しでもある。
 当会で実施した会員アンケートでは「保険証廃止」反対の声が強く示された。「保険証廃止」は、私たちが撤回を求めている「オンライン資格確認システム導入義務化」大きくかかわるもので、このままでは必然的にシステム導入が義務となり、システム化に対応できない医療機関は排除されてしまう。地域医療の崩壊につながりかねない「保険証廃止」「オンライン資格確認システム導入義務化」に反対するのは当然のことである。
 マイナカードの取得は法的には任意となっており、国民がそれぞれ利便性と危険性を利益衡量して決めればよいこととされているが、「マイナ保険証」には利便性以上の危険性(デメリット)がある。マイナカードを日常的に持ち歩くことによる紛失のリスク5年ごとの更新であることや紛失・失効の場合に更新再発行の手続終了までは保険資格の確認ができないこと等々問題が指摘される。にもかかわらず、全ての国民にマイナカードの取得を迫る「保険証廃止」は、法に定める任意取得の原則に反しており受療権の侵害にもかかわるものとして看過できない。
 このように法的にも大きな問題をはらんだ「保険証廃止」を、国会での十分な議論もないままに政府方針だとして一方的に示すことには納得できない。私たちは国民の医療を受ける権利を守る保険医の団体として「オンライン資格確認義務化」とともに今回の「保険証廃止」の撤回を強く求めるものである。

2022年10月18日     山口県保険医協会理事会