活動報告

12・7厚労省要請、歯科系国会議員との懇談

 12月7日、「保険で良い歯科医療を全国連絡会」主催による歯科技工料問題に関する厚労省要請が、衆議院第2議員会館で開催されました。歯科技工料問題の改善を歯科診療報酬の総枠拡大の突破口として位置付けている当会歯科部会では、歯科技工行政を管轄する担当者と直接交渉できる場としてこの懇談会を重要視しており、当会からは深井理事が参加しました。
 また、当日は保団連による国会要請行動並びに、「診療報酬引き上げを求める医師・歯科医師国会内集会」が開催されており、午前中には、鳥取県保険医協会が実施した歯科系国会議員への訪問活動に当会も同行、鳥取協会の小徳省三副理事長とともに、渡辺孝一衆議院議員(自民)、長谷川嘉一衆議院議員(立民)を訪問、渡辺議員とは、議員本人との面談となりました。

(詳しくは、会報12月号参照)