活動報告

「みんなでストップ!患者負担増」署名を提出

 

 

 

 保団連は、1月31日に国会要請行動を行い、12協会・医会97人が参加しました。当会からは緒方副会長が参加、昨年9月より取り組んできた「みんなでストップ!患者負担増」署名(患者負担を増やさないことを求める国会請願署名)3969筆を提出しました(全国では15万6613筆を集約)。
 この日、緒方副会長は、地元出身国会議員9名と亀井亜紀子衆議院議員(中国比例・立憲民主党)を精力的に訪問。その内、亀井亜紀子・河村建夫・高村正大・桝屋敬悟各衆議院議員、北村経夫参議院議員の5名については、議員本人との面談が実現し、直接要請を行いました。なお、その他の地元議員については秘書対応となりました。

(詳しくは会報3月号参照)